Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

浜松市の美容室はカミキリベヤ

login
NEWS お知らせ

ブログ

17年11月08日

いつまでも前を向いて…

11月3日 文化の日
.
カミキリベヤへ突然の電話。
.
「川崎の山本ですが!」
私「?」
.
よくよく話していくと、相手は店長の一回りも上の母方の従兄弟からと気付く。
連絡を取るのもご無沙汰で驚きましたが、大河ドラマにはまり、この連休を使って直虎ゆかりの浜松へ行こうと思い、近くまで来たのだと…
カミキリベヤを見たいから、寄るね! では、もう少しで着くから。
というので、接客中の店長に伝えようと、電話をきって…
.
っと思った途端
.
.
「こんにちは~」
.
「いらっしゃいませ!」
と、反射的に声を出したものの、誰だかわからないアダルトなおじさま。
「?」
.
.
「これがまさか?」
.
そう、これが一回り以上年の離れた従兄弟の山本良夫さん。
えー、早すぎない?
.
聞けばカミキリベヤの駐車場でスタンバっていたようで、あまりにも急だと思って、電話をかけておこうという事で、
でもあまりにも急すぎて、あんまり意味のない電話
母も父と外出中だし…
母からみれば甥との久しぶりの再会なので、とにかく戻ってきてもらおうと携帯で連絡を取り帰ってきてもらう事にしました。
.
で、父母が戻ってくる間山本良夫ファミリー(実は車に奥さんと娘2人と孫が待機しておりました。)と昔話を…
.
私達がこの家族と会ったのは多分24年前!
そうカミキリベヤ創業時
そりゃー良夫さんはいいおじちゃんですわな…
.
良夫さんの奥さんに
「民ちゃんは痩せたけど、変わってないね!」
と言われました。
.
「私もそうだけど、お母さんも変わってないよ、今でも顔をコロコロ美顔器でお手入れしてるし、マニキュアもしてるから~」
と、母の近況を伝えました。
.
良夫さんの奥さんも
「わかるウ~、昔からキレイにしてたものね…」と、笑ってました。
.
.
.

同じく文化の日の3日、皇居・宮殿で文化勲章の親授式が開かれ、東京理科大学長で光化学・電気化学が専門の藤嶋昭さん(75)、洋画家の奥谷博さん(83)、東洋文庫文庫長で中国史の斯波義信さん(87)雅楽奏者の芝祐靖さん(82)、大阪大名誉教授で分子生物学の松原謙一さん(83)ら5人に天皇陛下から勲章が授与された。
.

斯波さんが代表して「それぞれの分野で一層の努力、精進を重ねる決意です」とあいさつ。
 式後の記者会見で、藤嶋さんは「長年の研究を評価してもらったことが一番うれしい。理科離れを防ぎ、後継者をつくっていきたい」と語った。
奥谷さんは「芸術に終わりはないという気持ちで心を新たに頑張っていきたい」と話した。
 芝さんは陛下と皇后さまの結婚の際、お祝いのオーケストラ作品をつくった話を披露。「私を育ててくれたのは宮内庁楽部。雅楽を発展させたい」。
松原さんは「陛下が終始にこやかに接してくださって感激している」と振り返った。
~日本経済新聞から引用~
.
.
文化勲章を頂く方とうちの母と一緒にしてはいけませんが、私からすれば同じように尊敬に値する存在です。
.
.
会話にもあったように、高齢であっても後ろ向きな言葉は聞いたことがないし、元気で活動的。
まだまだ前を向いて生活しています。
.
.
文化勲章の受章の方々の言葉の中にも
「一層の努力、精進を重ねる決意・後継者をつくっていきたい・終わりはないという気持ちで心を新たに頑張っていきたい・発展させたい」
などなど、まだまだこれから先を見据え、突き進んでいく決意が伺えますね。
.
その気持ちが今を作って、未来も作る。
人生の先輩に習う事がいっぱいです。
.
,
身近な両親が一番の見通しです。

タイの寺院「ワット・プラッケオ」にて
世界遺産「アユタヤ遺跡」にて
チャオプラヤー川ディナークルーズの一コマ
アユタヤ遺跡「 ワット・プラ・マハタート」(木の中にある仏頭)
タイの寺院にて一枚