Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

浜松市の美容室はカミキリベヤ

login
NEWS お知らせ

ブログ

17年08月07日

ビール党のみなさん朗報です! 痛風を恐れずおいしくビールを楽しみましょう。

マイナス10歳を叶える為には健康第一。プリン体を吸着して身体から排除。

【ケイ素×チャコールパウダー】

仕事を終え、昨晩は、友人宅のBBQにご招待頂きました。
BBQといえばビール!
店長は残念ですが禁酒中。
でも私は構わず頂きました。

20170807


ハマっているこちらをまぜた黒ビール。


20170720-faslabo
【ファスラボ】
ひと瓶25グラム
およそ3ヶ月分5800円(税抜)
1日あたり58円(5振り)

炭の威力
毒性を持つAGEs(終末糖化物質)=タンパク質と糖からできた老化を促進するもの
食品添加物
体内に蓄積された不要な重金属(水銀、鉛など)を吸着しちゃう


20170806-keiso

【ケイ素】
500ml  20,000円 (税抜)
50ml   4,000円 (税抜) 


さらに今回はお世話になっているシーネクストさんからの貴重な情報をご紹介

プリン体から、「ケイ素」と「炭」で身体を守る。というお話。

『プリン体ってなに? 』

プリン体はビールの原料の大麦や小麦などの穀物や肉、魚、野菜、など食物全般に含まれる旨味成分です。
最近の研究で、プリン体の7〜8割は体内で生成されていることが明らかになってるそうです。

体内にプリン体が多くなると、血中尿酸値濃度が高くなり痛風発作を引き起こす原因となるので、特にビールが美味しいこの時期は、身体も脱水気味になる為、血液がこくなってしまいがち。注意が必要です。


『対策その1:』

まずは、ケイ素で身体を守る。
プリン体が多くなると尿酸値が高くなり、体の中が酸性に傾いてしまいます。

体内(特に血管内)は、腎臓により調整され、pH約7.4の弱アルカリ性に保たれています。

腎臓の機能が悪くなると、尿酸を体外へ排出しづらくなり、「高尿酸血症」つまり、通風へのリスクが高まります。

ケイ素はアルカリ性のため、血液が酸性に傾くことを防ぎ腎臓の働きを助けると考えられます。

また、血液をアルカリ性にすることで、関節の中に尿酸結晶ができるのを防ぎ、痛風発作を抑えると言われています。


ちょっと心配な方がいたらケイ素を、多めに入れたドリンクを飲んで下さいとアドバイスしてあげてください。

お茶やコーヒーは利尿効果があるので、体が脱水してしまうので、逆に血が濃くなるおそれもあります。

この時期は、水や砂糖が入ってない炭酸水にケイ素を入れて、たっぷり水分補給して下さい。


『対策その2:』 

炭の力で、のプリン体を排除!

この度、ファスラボの原材料である、伊那赤松妙炭とヤシ殻活性炭が、ビールにふくまれるプリン体対策にとーっても良いってデータが取れました。

※一般的なビールに含有されるプリン体濃度50ppmの吸着テスト
で試験実施
(検査機関:合同会社トレスバイオ技研)


なんと、なんと(´⊙ω⊙`)

伊那赤松妙炭 96.2%吸着

ヤシ殻活性炭 65.6%吸着

炭を一緒に取る事で、ビールのプリン体から身を守ることができますよ〜〜^ ^

ちなみに、最初だけ泡を少なめに入れるか、グラスに炭を入れてからビールを注ぐと、上手に炭黒ビールが作れます^ - ^
試して下さい。


マイナス10歳を叶えるってことは、健康が大前提!
不要な物を上手に、しかも簡単に排出して正真正銘のマイナス10歳目指しましょう!