Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

「足が遅くても運動会は好き」

login
NEWS お知らせ

ブログ

「足が遅くても運動会は好き」

.

羽生さんの金メダル。

.

素晴らしかったです。

.

右足首を大怪我し、ジャンプの後の着氷。体にかかる負担は相当ですね。足首が全く動かない状況になったと本人も言ってましたから、相当「不安」だったと思います。

.

私は小学校の頃は足が遅かったので運動会はとても嫌いでした。

徒競走の時にスタートラインに立つと、心臓がドキドキして体が硬直します。そしてピストルが鳴って、どんどんどんどんみんながゴールに近づいていき、私は取り残されていきます。私のゴールしたときには、もう私の後には誰も走っていませんでした。

家族の人や近所のおばさん、同級生や下級生みんなが僕のことを見ています。

本当に徒競走が嫌いでした。

.

(だったら練習を頑張ればいいんですけど、練習すれば足が速くなるということが、どうしても信じられなかったんです。)

.

徒競走で走ることがとっても「不安」でした。

失敗するイメージを持っていた私は、走る前から不安になったんです。

.

不安は誰にでもあります。

自分がイメージしている結果、望んでいる結果にならなかった時、辛いので不安になるのは当たり前です。

.

負けるのが嫌だったんじゃないんです。

.

一番嫌だったことは「笑われる」ことだったんです。

.

人に嫌われるのがとても怖かったです。

.

でも、人が自分のことを嫌いになるかならないかはその人の選択です。人に嫌われなくなる方法と言うものは、ありえないです。

.

私は人に嫌われたくないと言う思いがあったので、いろんなことに恐れがありました。

.

しかし今は恐れがなくなりました。

.

なぜならば、

私は人の行動をコントロールできないことが理解できたからです。

.

なので人から嫌われないようにする。

ではなくて、

人を嫌わないようにする。

というように矢印を相手から自分に向けるようにしました。

.

すーっと気が楽になりました。

.

すべての人から好かれるのは不可能です。

全ての人を好きになることは可能です。

.

矢印を向ける方法を変えることで、より良い人間関係を作っていきたいなと思いました。