Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

「決断するときはどんなとき?」

login
NEWS お知らせ

ブログ

「決断するときはどんなとき?」

みなさんは、株をやったことがありますか?
私は今から10年位前にちょっとしたお金ができました。
その時にそのお金をすぐに使うわけではなかったので、銀行の定期預金に預金しようと考えました。しかしすごく金利が低くて10年おいても1,000円程度にしか金利が付かないことを知り何か他にもうちょっと率が良いものはないかなぁと当時の銀行の行員の方に相談したところ「投資信託」というものを勧められました。

「投資信託」という名前は聞いたことがありましたがよくわかりませんでした。で投資信託とは、投資家から集めた資金を1つにまとめ、運用の専門家が証券や株式などを運用し、上手くいけば投資したお金以上の利益を得ることができるが、うまくいかないと元本割れすることもあると説明受けました。

もともとそのお金は、なかったと思っていたお金だったので、すごく損するのは嫌だったんですけど銀行に預けるよりはいいかなと思ういいそれをやってみようと決断しました。

投資信託は毎月配当金が口座に振り込まれます。毎月銀行に1,600円振り込まれます。年間で約20,000円位、振り込まれるわけですね!それが10年ぐらい振り込まれるわけです。始めはすごく調子が良く毎月振り込まれていたんですけど景気が悪くなってくるとだんだんその振り込まれるお金の額が減ってきました。1,000円の時もあれば、最後には1,000円以下になってしまいました。最終的にはトータルで200,000円ほど損をしてしまいました。

安易に考えて始めましたが、そんな簡単に儲かる話はないんだなと思いました。

ところで私は損をするかもしれないと分かっていて、なぜ「やると決断」したんでしょう?

もしあの時、「儲かるか、儲からないか?」で、判断していたら、投資信託はやらなかったと思います。

では、なぜ決断したか?
その決断する源はどこから来たのでしょうか?



それは、
「やりたいか、やりたくないか?」で、判断したからです。


ところで「仕事を決める(就職)」時はどうでしょうか?

仕事を決める時、
やっていけるか?
やっていけないか?
で、悩んでいるから決断ができないのかもしれませんね。

仕事を決める時、その仕事を
やりたいか?
やりたくないか?
で、悩んだらすぐに決断ができると思います。

仕事が、私たちを幸せにしてくれるわけではありません。私たちの心構え(やりたいか、やりたくないか)で、幸せになると思います。

もし皆さんが今決断ができないことがあるとしましょう。「それをやっていけるだろうか?」と悩んでいる方がいらっしゃいましたら、「それをやりたいか?」で判断してみるとすーっと答えが出るかも知れませんね…。

私は結婚するときに(もちろん初めての結婚でしたから)この先やってきるかどうか?とっても自信がありませんでした。本当に、自信がありませんでした。

でも、1つ言えたのは奥さんと一緒に生きていきたいと思いました。そう思った時に結婚しようと決断できました。