Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

【〇〇のせい… 】

login
NEWS お知らせ

ブログ

【〇〇のせい… 】

私が山登りをやってみたいと思ったのは、息子が山岳部に入ったことがきっかけでした。

中学生までサッカーを自分なりには熱心にやっていたので、最初【山岳部】と聞いた時は、残念に思ってしまい、ひと悶着ありました。
本人は、中学の終わりの時点で、既に決心していた様子。
理由は、勉強も中学の時よりやらないといけないから、サッカー部は大変で、両立しやすい部活を選んだと言っておりました。

小さい頃よーく
「お母さんのせいで…」
っと言われていましたから、
冷静になって、後で私のせいで、大学受験で失敗したと言われても困ると思い、
結果承諾したのです。

それなら、あの時何で余計な事を言ったのか、気持ちよく尊重してあげればよかったと
今は思えます。

【○○のせい】

この○○には、誰が入るのでしょうか?

もし息子がこの時私のいう事を聞いて、サッカー部に入り勉強も頑張り、志望校に入ったら、「お母さんのせいで…」
っと、怒る事は無いと思います。

反対に、自分の決めた山岳部で志望校に入れなかった…
そういうことだって、想定されます。
この場合、入れなかった理由を、私や部活のせいにはできません。
彼はなんと言うのでしょうね…

いわゆる【言い訳】です。

息子はもう大学生。
結果大学に行っており、3年前の大学入学時
「お母さんのせいで…」
とは、言いませんでした。

すべては自分の行ってきた行動が現象を引き起こしています。

私も今必死になってギャップを埋めようとしている事があります。
自分がやらないで、先延ばしにしていたが為に焦ってる。

小学生が夏休みの終わりにためた宿題に焦ってる感じです。
親から小言を言われても、やらなかったから…

「もっと早く言ってくれれば…」
小学生ならば、そんな風に言ってしまいそうですが、
いい大人になった今の私が、そんなことを誰に言えるのか?

カミキリベヤの事でうまくいかない事、うまくいった事
どちらも
私のせい!

【自らの責任です! 】

シビアですね…