Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

浜松市の美容室はカミキリベヤ

login
NEWS お知らせ

ブログ

さすがに今日は、寒いですね〜。
みなさんはどうお過ごしですか?
私はそんなときには、銭湯に行きます。体を温めてゆっくりすると元気になります。しかし、あまり熱いお風呂には長く入って入られません。体を温めたいのですが長く入らないって致命的。まして、サウナはマジ苦手。だいたい、3分くらいが限界です。(んじゃ、銭湯行くなよ(笑))

ところで…皆さんは、この1年どんな年でしたか?いろんなことがあったと思います。
いいことや、悪いこと様々なことがあったと思います。

今年の1年を振り返っての1年が早かった!という人もいれば、すごく長かったなぁと思う人もいらっしゃると思います。

ところで、学生のときの方1年は皆さんどう感じましたか。おそらくすごく長く感じたという方が多いと思います。また今年の1年早かったと思う方が多いのではないでしょうか。

どうして小学校の時は長く感じたんでしょうね…?

勉強が大変だったりしたからでしょうか?
楽しいことがなかったからなんでしょうか?

ご存じの通り、私はサウナが得意ではありません。サウナに10分間入っていようとするとき、サウナの中にある時計とにらめっこしながら時間が経つのをじっと我慢しています。そんなときの10分間はどう感じますかぁ?

また、あなたはタクシーに乗っているとします。あと10分間で約束の時間になってしまうとします。その時道が渋滞していて今にも遅れそう!そんな時は10分間がどう感じるでしょう。

なぜ、時間が短く感じたり長く感じたりするのでしょうか?

少し考えてみてください。

私はこう思います。
楽しいことをやってる時はすごく時間が早く感じます。
辛いことをやってる時は、時間が長く感じます。

大人になると自分がやりたいことをやりたいときにやっているので充実しているんでしょうね!1年が早く感じるのだと思います。

子供の頃、やりたくないこと(勉強だったり、不得意な運動だったり)をやらなければならなかったり、また本当はゲームとかテレビとかを好きなだけやっていたいのに。時間を制限されたり自分がほんとにやりたいことをやれないから1年が長く感じたのかもしれませんね。

私はこの1年間、新しい事にチャレンジしたことがあります。
新卒採用のための仕組みを作ったり、
新しいメニューを導入するためにお休みを返上してミーティングをしたり、
助成金の申請の書類を準備したりしました。

良い結果になったものもあれば、あまり良い結果にならなかったこともあります。
なんだか、1年間が長く感じました。

1年間が、長く感じるのも、短く感じるのも、どっちも正しいです。

年末になったとき、1年間を振り返るとき、






『長く感じるか? 』ではなく、





『何にチャレンジしたか?』と、振り返るようにしています。









来年、チャレンジしたいことがあります。

それは、


パラセーリング
槍ヶ岳登頂
毛髪診断士の資格取得
英検受験
テレビ出演
50人でパーティー